050-3577-9914

お電話でのお問い合わせ受付時間

 9:30~11:00
12:30~21:00

15:00以降は授業で電話に出ることができない場合があります。
その際にはできるだけ早く折り返しご連絡させていただきます。

早稲田アカデミーの勉強方法

早稲田アカデミー

早稲田アカデミーは、「人気と合格実績の双方を伸ばしている大手進学塾」です。

多量の学習量ですので成績がどんどん伸びるお子様には向いているのですが、一方で、「いくらやっても宿題が終わらないし成績も上がらないというお子様が多いのも特徴です。
予習シリーズとオリジナルテキストのダブルベーシックから出る宿題をこなすことだけで精一杯という状態に陥ってしまうからです。

使用されている「予習シリーズ」は、文章の長さの割には設問数が多く、細かく深く読み取ることを目的として編集されています。
「予習シリーズ」は、私が知る限りで一番良い教材です。
解答が詳しく書かれておりますし、適切な指導の下で学習すれば、かなり力がつくと思います。
読むだけの時間を長く作って、じっくりと内容の読み取りをすると良いでしょう。

お子様が6年生でしたら、予習シリーズ以外に「四科のまとめ」に力を注ぐことをお勧めします。
大量の宿題を終わらせるために、「四科のまとめ」に力を入れている生徒は少ないのではないでしょうか。

「四科のまとめ」は、入試問題に出題される知識を凝縮して一冊にまとめられております
これ一冊を最低3回まわして学習すれば、これまでの経験上、ほとんどの生徒で国語の偏差値は上がっております。
最低3回と申し上げましたが、理想は入試までずっと繰り返し繰り返し、忘れることのないように解き続けていただきたいです。

「四科のまとめ」は、四谷大塚や早稲田アカデミーに通塾していなくても、四谷大塚のホームページから購入できます。
他の塾に通塾されていらっしゃるお子様にもお勧めいたします。

また、6年生のお子様がいらっしゃるご家庭から、志望校の過去問はいつから手をつけるべきなのでしょうかというご質問をよくいただきます。
このご質問に対しては早稲田アカデミーと同じく、また多くの大手進学塾が推奨している9月からで良いと私はお答えしております。
早すぎると志望校を変更したときに、それまでの過去問演習が無駄になってしまいますし、遅すぎると受験校を多くお考えのお子様の場合、入試日までに全てを解ききることができない可能性があるからです。

6年生という学年は、少しでも効率的な学習が必要となる時期ですので、過去問演習の開始時期は重要です。
早稲田アカデミーのカリキュラムとアドバイスを信頼して、受験にのぞんでください。

現在、当塾では早稲田アカデミーに通塾している生徒が多数おります。

中学受験について何か悩まれているご家庭様も是非ご連絡下さい。
適切なアドバイスを差し上げられると思います。