050-3577-9914

お電話でのお問い合わせ受付時間

 9:30~11:00
12:30~21:00

15:00以降は授業で電話に出ることができない場合があります。
その際にはできるだけ早く折り返しご連絡させていただきます。

進学塾の数%

上位 数%の生徒だけが優遇される

残りの生徒達は満足なサポートを受けず勉強する

進学塾のサポートは手厚い?

皆さんは恐らくお子様を進学塾に通塾させていらっしゃるかと思います。
ですが、その塾でお子様がしっかりとしたサポートを受けていらっしゃると思いますか?
答えはNoです。
大手進学塾では、合格実績の数字に貢献してくれる数%の生徒に対しては手厚いサポートをしています。
特別なコースを一定の成績以上の生徒は受講することができるというのがその一例です。

しかし、成績が基準に満たない多くの生徒たちは、そういった満足なサポートを受けることができずに、苦手箇所やつまづき箇所をそのまま積み残して日々受験勉強をしているのが現実です。

塾の授業が終わってから、分からないところを理解できるまでつきっきりで教えてくれる進学塾はほとんどありません。
塾の教師たちは一生懸命指導していると思いますが、彼らはたくさんの生徒を抱えており、一人ひとりの生徒のサポートはできません。

このままでは、進学塾でついていけない子供たちは苦手科目やつまづき箇所がさらに多くなっていく一方です。
そこで、今からでも遅くありません。
進学塾だけでなく、一人ひとりが手厚いサポートを受けられるような個別指導塾の併用を検討してみませんか。
そして、これまで疑問点のままにしておいたところを総ざらいして苦手箇所・つまづき箇所を解消しましょう。

つまづき箇所が勉強のサイクルを乱す

1.進学塾の次回以降の単元を、予習型の個別指導塾で前もって学ぶ
2.進学塾がその単元の授業の時に、塾で先生が話している内容がよく分かる
3.その週に出された宿題がきちんと解ける

この1~3の繰り返しが、予習型学習の理想的なパターンです。
ここまで勉強の流れを変えることができれば、あとはこの流れを止めないようにするだけです。
それでは、この流れにもっていくにはどうすればよいのでしょうか?
それは...

つまづき箇所を徹底的に洗い出して、そこをまず解消することです!

当たり前のことですね。ですが、この当たり前のことが進学塾だけで勉強していると出来ないのです。
進学塾の授業はどんどん前に進んでいきますので、お子様のつまづき箇所に戻って指導してくれることはないからです。
そして、つまづき箇所を残して勉強した場合にどうなるかと言いますと、学年が進み学習内容が難しくなったときに必ず先に進めなくなります。
家の土台がしっかりしていないところに高い建物を建てられないのと同じです。

ですが、もしつまづき箇所がなくなれば、通われている塾の勉強を予習するゆとりができるので、先ほどの1~3の流れで勉強できるようになります。

お子様が進学塾に通塾されていて、国語の学習でつまづいていらっしゃるご家庭は個別指導塾と進学塾のWスクールをお考えになってみてください。
お子様がこれまで積み残してきたつまづき箇所をしっかりと解消できると思います。
現状のままで何もしないでおくことは、問題を先送りしているだけで解決にはつながりません。

国語の成績が上がらない、どう勉強すればよいか分からない、そういったお悩みをお持ちのご家庭は是非ご相談下さい。
そして、数多くの塾の中から英才塾を選んで頂いた際には、お子様をしっかりと志望校合格までサポートしていくことをお約束します。



こだわりの指導方針
指導法
合格実績


ページTOPへ